自然体験活動とは?

ご挨拶
「自然体験活動は、
子どもたちの創造力やチャレンジ精神を育む」

安藤スポーツ・食文化振興財団は、日清食品創業者 安藤百福が掲げた「食とスポーツは健康を支える両輪である」の理念の下に、青少年の健全育成と食文化向上のための公益事業を行っています。陸上競技の支援事業、新しい食品の開発に貢献する独創的な研究を支援する食創会「安藤百福賞」表彰事業、安藤百福発明記念館(愛称:カップヌードルミュージアム)の運営 (大阪池田と横浜の2ヶ所) のほか、1983年の財団設立当初から、自然体験活動の普及に取り組んでいます。

2002年からスタートした「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」では、「自然体験は子どもたちの体力、創造力、チャレンジ精神を育む」との考えに基づき、全国の学校や団体から自然体験活動の企画案を公募し、創造性に富んだ企画を立案した50団体を支援し、活動報告を基に優秀団体を表彰しています。また、2010年5月に、長野県小諸市に自然体験活動を推進するための人材育成や、アウトドア活動の普及を目的として、「安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター」(略称:安藤百福センター) を設立しました。安藤財団では、この2つの事業に加え、自然体験活動は山、川、海など、どのフィールドでも「歩く」ことが基本であると考え、「歩く文化」の醸成を図るため、ロングトレイルの普及・振興に取り組んでいます。そして、新たに2018年度より日本列島の北端から南端まで、列島を貫く一本道の「JAPAN TRAILプロジェクト」を立ち上げます。

2016年から、新たな国民の祝日として「山の日」(8月11日)が制定・施行されました。私も微力ながら「全国山の日協議会」(谷垣禎一会長)の副会長として活動に参加させていただいておりますが、「山の日」の施行が自然体験活動やロングトレイルのより一層の普及・振興に繋がることを期待しています。

今後とも引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団 理事長 安藤 宏基
公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
理事長 安藤 宏基
趣旨と目的
地球環境問題は人類にとって21世紀最大の課題の一つです。 問題の原因は人間が自然をないがしろにしてきたことであり、その付けが回ってきているといえるでしょう。これまで正しかったと信じていたものの中に間違いが潜んでおり、古い、遅れていると思っていたことの中に正しいものが残されているのかもしれません。私たちの生き方が問われているのです。自然と人間の関係を見直し、自然の声に改めて耳を傾ける時期なのでしょう。今の日本ではそのために、誰もが、安く楽しく安全に自然を楽しめるような新たな社会システムを構築する必要があります。
そんな折、インスタントラーメンの発明者である安藤百福氏のご意志を引き継いだ安藤宏基氏(公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団理事長、日清食品ホールディングス(株)代表取締役社長・CEO)のご尽力で、我が国初の自然体験活動の指導者養成センターが設立されることになりました。 センターでは、公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団ならびに日清食品グループのご支援のもと、今後わが国の自然体験活動・研究の拠点として、指導者養成はもとより企業や市民に開かれたプログラムの提供や環境教育、環境思想などの研究にも取り組んで参ります。 関係する皆さまの総意を結集し、自然との共生の実践研究の場として、日本を代表し、世界をリードするセンターに成長することを目標に、強い信念と意志を持って前進していく所存です。
事業内容
  1. 自然体験活動・アウトドアズにおける上級指導者育成事業
  2. 自然体験活動及びアウトドア全般に係わる専門家等の養成・講習事業
  3. 大学、大学院、専門学校等の自然・野外・観光・農業などに係わる講義演習(単位の取得を含む)
  4. 自然体験活動に係わる企業研修をはじめ、各種研修及び研究事業 他


事業の目的
第5回自然体験入門講座 第2回野山を楽しむ自然塾
第2回野山を楽しむ自然塾 第2回野山を楽しむ自然塾 第2回野山を楽しむ自然塾
第2回野山を楽しむ自然塾 第2回野山を楽しむ自然塾 第2回野山を楽しむ自然塾
安藤百福センターの役割とビジョン
ページのトップへ