開催日:2012.03.29~03.29
第2回 環境思想シンポジウム
ネイチャーライティングと環境思想
対象者
一般
講演会

 2012年3月29日(木)、今年度最後の安藤百福センター主催事業として、第二回環境思想シンポジウムを開催しました。テーマは「ネイチャーライティングと環境思想」。ネイチャーライティング(人と自然をめぐるノンフィクション文学)研究の第一人者として著名な野田研一氏をお迎えし、パネリストによる講演とディスカッションを行いました。

 午前は野田研一氏が「アメリカのネイチャーライティングを語る」、鬼頭秀一氏が「現代の環境倫理」といったテーマで講演を行い、午後に行ったパネルディスカッションでは、パネリストだけではなくフロアの参加者も交えての活気ある議論となりました。環境問題の改善や自然体験活動、環境教育の普及のためにも、基盤となる環境思想といった考え方の重要さを感じられるシンポジウムとなりました。


パネリスト
 野田 研一(立教大学教授)
 鬼頭 秀一(東京大学教授)
 安藤 昭一(千葉大学教授)
コーディネーター

岡島 成行(大妻女子大学教授・安藤百福センターセンター長)

ページのトップへ