開催日:2019.06.08~06.09
【報告】ロングトレイルハイカー入門講座2019 (1)
イベント

第1回 事前準備と歩き方を知ろう

⇒ 講座概要はこちら

 

日 程
2019年6月8日(土)~9日(日)
内 容
1日目
(机上)
計画の立て方、装備の基本、歩き方(ストック実習含む)
ロングトレイルとは何か(安藤百福センター センター長 中村達氏)
2日目 (実習) 浅間・八ヶ岳パノラマトレイル「軽井沢コース(約13km)」
参加者 18名(申込者22名)

 

■活動レポート
クリックして拡大 ロングトレイルに興味のある方々が今年も集まった。年齢も性別もバラバラだが、講座に臨む姿勢は同じ。
まずはロングトレイルに必要な装備や準備、情報の集め方などを学ぶ。ウェア・ギアの実物や講師の体験談を交えての講義に、参加者の目は爛々。
クリックして拡大 続いて、野外にて実習「トレッキングポールの使い方」。
講師の後を歩きながら、正しい長さや、斜面、段差での使い方などを教わる。普段は使わないという人も、レンタルポールを手に敷地内を散策した。
クリックして拡大 最後に安藤百福センターのセンター長で、日本ロングトレイル協会の代表理事でもある中村達氏より、「ロングトレイルとは何か」というタイトルで講義があった。
国内外のトレイルの紹介や、ジャパントレイル構想などが参加者の興味を誘った。
クリックして拡大 一日目の夜には、参加者同士の交流や情報交換を目的とした懇親会が開かれた。
炭火焼の野菜や、敷地内で取れたタケノコ、豚肩ロースの塩釜焼きなどが食卓に並んだ。参加者からも差し入れのお酒やおつまみがあり、会話に花を添えていた。初対面同士でもすぐに打ち解けられるのは、やはり共通の話題があるからだろう。
クリックして拡大 2日目は生憎の雨模様。レインウェアとザックカバーをつけて出発。
約13kmの軽井沢コースは、日本に三か所しかないと言われる烏明神や甌(おう)穴(けつ)など、見どころには事欠かない。
クリックして拡大 前日に教わった歩き方やトレッキングポールの使い方を実践しながら登りきり、離山山頂にて記念写真。
晴れていれば近くに浅間山が見えたはずのこのコース。かわりにしっとりとした軽井沢の新緑を満喫し、解散となった。

■参加者の声(アンケートより)
  • 山道や舗装路などいろいろな道を歩けたのが勉強になった。
  • 座学を通して実際に山へ登れてよかった。
  • (ガイドの説明に対して)エピソード等、一人では知り得なかったことが聞けてよかった。
  • 土地勘がないので、所々で現在地の確認をしてもらえるとコースの全体がイメージ出来てもっとよかった。
ページのトップへ