開催日:2012.02.11~02.11
第7回 自然体験入門講座
冬の登山入門 〜雪と友達になろう〜スノーシューの魅力〜
対象者
一般
イベント

 2012年2月11日(土)スノーシューを履いて雪上散策を行う、第7回自然体験入門講座を開催しました。
この時期にしては珍しく風が弱い好天に恵まれ、約40名の参加者と共に快晴の雪山を歩くことができました。

 内容は、スノーシューの履き方・歩き方のレクチャーから始まり、風紋、雪庇(せっぴ)、天気など冬の特徴的な自然現象について解説。
また、春の開花をじっと待っている高山植物の冬芽を観察したり、雪の上に残った動物の足跡や、動物が木を食べた痕(食痕)も発見しました。

 特に参加者の反響が大きかったのが、雪の斜面を滑り降りる天然すべり台と、フカフカの新雪歩き。雪があるからこそ自由に歩きまわれるスノーシュー体験をとおして、冬の自然を楽しみながら学ぶことができたようです。

 

ページのトップへ