開催日:2018.12.08~12.09
【報告】大人のトレイル歩き旅講座2018 (5)
イベント

■第5回「シェフから学ぶソトゴハン」

 

日 時:2018年12月8日(土・晴れ)、9日(日・晴れ)

講 師:鴨川 知征(イタリア料理シェフ、浅間兄弟代表)
神奈川県出身。信州・小諸発信の料理ユニット「浅間兄弟」代表&洋担当シェフ。東京のイタリア料理店にて勤務後、2016年に長野県小諸市へIターン。移住担当の小諸市地域おこし協力隊も兼務する。得意な「食」を通しての地域おこしを模索中。

参加費:5,000円 食材代:3,000円 ※宿泊代は希望者のみ別途
募 集:20名

■スケジュールおよび活動レポート 1日目
13:00 レクチャー「ソトゴハンの基本」 13:30 実践「簡単ショートパスタ」
クリックして拡大 クリックして拡大
ソトゴハンに適した道具や食材について解説。
その時の気分でメニューを決められるよう、応用の利く食材や調味料を選ぶのがポイント。
シェフの実演の後、アイスブレイクとランチを兼ねて、グループ料理に挑戦(前回実施レシピ)。
  15:00 実践「ペミカン(保存食)」
クリックして拡大 クリックして拡大
乾物、鮭フレーク、粉ミルクを組み合わせたクリームソースパスタが完成。お湯が沸いてから約5分でできるお手軽メニュー。
今回のメインレシピであるペミカンを仕込む。
翌日のトレイル歩きで、これを活用した料理を各自で作る。
16:00 実践「行動食」 18:30 懇親会
クリックして拡大 クリックして拡大
翌日用の行動食も作る。グラノーラとチョコを使ったトレイルミックス。
シェフがいたので、いつもより豪華なコースメニューとなった。写真はBBQ料理。

懇親会メニュー:
バーニャカウダ、鶏レバーペースト、サラミ入りアラビアータ、滋養たっぷりリゾット、豚肩肉と豆の煮込み、BBQチキンウイング、他


■2日目
9:00 実践「朝食」 ペミカン完成
クリックして拡大 クリックして拡大
漬物や乾物を活用したクイックリゾットを作った。懇親会で疲れた胃にやさしいメニューだ。
一晩冷蔵庫に入れて固まったペミカン。これがどのようなメニューに変化するのだろうか。
行動食完成 実践「トレイル歩き」
クリックして拡大 クリックして拡大
高カロリーで腹持ちが良い行動食。
仕込みを終えて、センターから懐古園まで歩く。
師走の寒さが身に堪えるが、到着後の食事を楽しみに足が進む。
12:00 実践「昼食」  
クリックして拡大 クリックして拡大
いよいよペミカンを活用したメニューに挑戦。
5種類のメニューがあり、各自が食べたいものを作った。
メニューの一つ、担々麺風パスタ。辛い山椒が体を温めてくれる。ソトゴハンは手軽なだけでなく、やはり味が重要なんだと再確認できた。

13:00 終了(懐古園付近で解散)

ページのトップへ