開催日:2018.11.23~11.24
【報告】大人のトレイル歩き旅講座2018 (4)
イベント

■第4回「自然の見かたが変わるネイチャートレッキング」

 

日 時:2018年11月23日(金・晴れ)、24日(土・晴れ)

講 師:杉山 隆(OctoberDeer代表、信州登山案内人)
玉県出身。国際アウトドア専門学校卒業。哺乳類を筆頭に生き物大好き。動物の頭骨や毛皮を多数所持。昔はカモシカにお熱だったが、フィールドを八ヶ岳に移してからはニホンジカをメインにインタープリターションをしている。趣味はスノーボード、クライミング、コーヒー、読書、野外料理、車中泊。最近はキノコにハマる。

参加費:5,000円 ※宿泊食事代は希望者のみ別途
募 集:20名

■スケジュールおよび活動レポート 1日目
13:00 オリエンテーション 13:30 実践
クリックして拡大 クリックして拡大
山や森にはどんな動物が生息しているか考え、発見するためのフィールドサインについて話を聞く。
フィールドサインを探しながら歩く。木の上、土の中、鳥の羽、様々なメッセージがあることを学ぶ。
  16:00 レクチャー「骨と皮の構造」
クリックして拡大 クリックして拡大
「これは何のフンでしょう?」参加者の想像力を掻き立てる。
骨の仕組みにも一つ一つ理由があった。
たくさんの骨に触れる。
  18:30 懇親会
クリックして拡大 クリックして拡大
皮にも生き残るための戦略が隠されていた。
みんなで作った鍋料理で温まる。

懇親会メニュー:
燻製3種、タコの和風カルパッチョ、白菜とツナの旨だれナムル、アンチョビポテト、ねぎ塩豚鍋、山形庄内風芋煮汁、ふじリンゴ


■2日目
9:00 実践  
クリックして拡大 クリックして拡大
浅間連峰の成り立ちを学ぶには、もってこいの快晴。八ヶ岳や北アルプス方面も見ることができた。
トレイルコースから外れて、けもの道を歩く。
フィールドサインも見つけたが、昔の人たちが暮らしていた痕跡も発見することができた。

12:00 終了

ページのトップへ