開催日:2012.12.08
第3回 野山を楽しむ自然塾
親子で火起こし
対象者
親子
イベント

師走の寒さ深まる森の中、親子が協力して火起こしを行う、第3回野山を楽しむ自然塾を開催しました。講師は安藤百福センター教官の小林政明。火起こしの歴史について振り返りながら、まずは昔ながらの舞ギリ式で火を起こしました。また、電池やアウトドアグッズのファイヤースターターなどを使用したユニークな火起こしも続けて披露しました。

全体のプログラムとしては、石でかまど作り、焚き木集め、麻ひもで焚きつけ作り、薪割り、火起こし(5種類!)、アウトドア料理、といったアクティビティの流れで行いました。料理は芋やおやきをホイルで包んで火に投げ込むもの(ワイルド料理)やシナモン味のリンゴ焼きにも挑戦しました。また、温かい豚汁も味わうことができました。

参加者からの声として、強く寒い風が吹いていましたが、うまく火力のコントロールができて、焚き火も料理もうまくいったという、もはやベテランを思わせる感想もあり盛況の一日となりました。

ページのトップへ