開催日:2014.11.27
第5回環境思想シンポジウム
対象者
誰でも
イベント

 2014年11月27日(木)、「日本における環境思想をどのように展開するか」をテーマに、第5回環境思想シンポジウムを開催しました(安藤百福センター主催事業)。

 毎年、環境思想や哲学、歴史学、文学研究などの著名な方々にお集まりいただき議論を行っていますが、今回はエコクリティシズム(環境文学・表象研究)の第一人者で、カルフォルニア大学ロサンゼルス校のUrsula K. Heise(ウルズラ・ハイザ)教授と、環境ジャーナリストであるJon Christensen(ジョン・クリステンセン)氏にお越しいただき、環境人文学の動きやデジタル人文学などについてお話いただきました。

 環境の問題をめぐって、これから私たちは何をしていく必要があるのかについて話し合い、共有する貴重な時間となりました。 ※使用言語:英語、日本語(逐次通訳あり)

 


■ゲストについて

Ursula K. Heise(ウルズラ・ハイザ)氏
カルフォルニア大学ロサンゼルス校英文科教授
エコクリティシズム(環境文学・表象研究)の第一人者
Jon Christensen(ジョン・クリステンセン)氏
環境ジャーナリスト、季刊誌『BOOM』(カリフォルニア大学出版局)編集長
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 環境・持続性研究所、歴史科、デジタル人文学センタ―講師
ページのトップへ