研修・講演・体験イベント 安藤百福センターでは、自然体験活動に関する様々なイベントやセミナー・講座を開催しています。

ご挨拶
日清食品創業者 安藤百福(1910〜2007)は、「食とスポーツは健康を支える両輪である」という理念のもとに、1983年財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団を創設し、子どもたちの健全育成を願って、その半生をスポーツの振興と食文化の発展に尽くしました。とくに「自然とのふれあいが、子どもたちの創造力を豊かにする」という考えのもとに、心身ともに健康であるためには、自然体験活動が欠かせないとの強い思いを抱き、長年にわたりその奨励と支援に努めてきました。安藤財団では、設立当初より、「トム・ソーヤースクール」と名づけた野外活動を実施し、子どもたちが登山、キャンプ、マウンティンバイク、カヌーなどに挑戦する機会を提供し、大自然の中に飛び込み、さまざまな冒険を体験し、年齢や地域を越えて新しい友だちと友情を深めることで、子どもたちの創造力と自活力を育むことに力を注いできました。また2002年からは、小学校の総合学習の一環として、課外学習を重視する文部科学省の教育方針に沿って、「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」を実施してきました。全国の学校や団体から自然体験活動の企画案を公募し、ユニークで創造性に富んだ企画とその実践活動に対し、毎年、文部科学大臣奨励賞および安藤百福賞を選定し、表彰しています。 コンテストの結果や活動内容は、安藤財団のホームページ「自然体験.com」で広く紹介し、自然体験活動の普及と啓蒙にも取り組んできました。一方で、日本における自然体験活動の課題は、子どもたちの活動を支援する指導者の数が著しく不足していることです。このたび財団創設者 安藤百福の生誕百年記念事業として、自然体験活動の指導者を育てる「上級指導者」養成と、指導カリキュラムの研究・開発を目的とした日本初の専門施設「安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター(略称:安藤百福センター)」を長野県小諸市の雄大な浅間連峰を望む地に設立いたしました。 全国の自然体験活動の上級指導者を目指す方々には、その資格取得に向けて、ぜひ当センターをご利用いただき、将来の日本を支える子どもたちの心身の健全な育成のためにお力を発揮していただけるよう期待しています。
公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団 理事長 安藤 宏基
公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
理事長 安藤 宏基
事業内容
地球環境問題は人類にとって21世紀最大の課題の一つです。 問題の原因は人間が自然をないがしろにしてきたことであり、その付けが回ってきているといえるでしょう。これまで正しかったと信じていたものの中に間違いが潜んでおり、古い、遅れていると思っていたことの中に正しいものが残されているのかもしれません。私たちの生き方が問われているのです。自然と人間の関係を見直し、自然の声に改めて耳を傾ける時期なのでしょう。今の日本ではそのために、誰もが、安く楽しく安全に自然を楽しめるような新たな社会システムを構築する必要があります。
そんな折、インスタントラーメンの発明者である安藤百福氏のご意志を引き継いだ安藤宏基氏(公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団理事長、日清食品ホールディングス(株)代表取締役社長・CEO)のご尽力で、我が国初の自然体験活動の指導者養成センターが設立されることになりました。 センターでは、公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団ならびに日清食品グループのご支援のもと、今後わが国の自然体験活動・研究の拠点として、指導者養成はもとより企業や市民に開かれたプログラムの提供や環境教育、環境思想などの研究にも取り組んで参ります。 関係する皆さまの総意を結集し、自然との共生の実践研究の場として、日本を代表し、世界をリードするセンターに成長することを目標に、強い信念と意志を持って前進していく所存です。
事業内容
1. 自然体験活動・アウトドアズにおける上級指導者育成事業
2. 自然体験活動及びアウトドア全般に係わる専門家等の養成・講習事業
3. 大学、大学院、専門学校等の自然・野外・観光・農業などに係わる講義演習
 (単位の取得を含む)
4. 自然体験活動に係わる企業研修をはじめ、各種研修及び研究事業 他

事業の目的
第5回自然体験入門講座 第2回野山を楽しむ自然塾
第2回野山を楽しむ自然塾 第2回野山を楽しむ自然塾 第2回野山を楽しむ自然塾
第2回野山を楽しむ自然塾 第2回野山を楽しむ自然塾 第2回野山を楽しむ自然塾
ページのトップへ