研修・講演・体験イベント 安藤百福センターでは、自然体験活動に関する様々なイベントやセミナー・講座を開催しています。

  • 外観隈 研吾氏がデザインした、全長約100mの建物。自然の地形を生かし、造成を極力少なくしました。
  • エントランス木製ルーバーの天井、木製すだれ状の階段手すり等、自然素材をふんだんに使用した、あたたかみのある空間です。
  • ラウンジA敷地の高低差を生かした、段差のあるフロア。アウトドアズに関する多くの書籍を置いています。
  • ラウンジB三方の大きなガラス面で、隣接するテラスと連続する開放的な場所。くつろぎながら森林浴が楽しめます。
  • 会議室浅間連峰を望むホール。最大200名収容可能です。
  • 宿泊室眺望、採光を得るために、窓を大きくしています。
  • 食堂照明は、天井から蛍光管だけが吊り下がっている斬新なデザインです。
  • 入浴施設壁は、木目によく似た柄の石(黄木紋砂岩)を使用しています。
  • 館内通路2階へのスロープは、床の間接照明と木製のスクリーンを設け、落ち着いた空間にしています。
  • ASE設備創造性や協調性を養う、野外教育プログラムが実施できます。(ASEはAction Socialization Experienceの略称です)
  • 散策路全長1.6km。季節によって多種多様な動植物が見られます。
施設マップ
館内マップ
敷地マップ
宿泊室収容人数
44人(4人部屋10室、2人部屋1室、1人部屋2室)
カンファレンスホール収容人数
会議室名 使用形態 有効面積 (㎡) 収容人数(人) 設備
スクール形式 口の字型 シアター 形式
1 カンファレンス
ホール(全)
全室使用 190 2人掛け 88
3人掛け 132
- 195 ・200インチ
   スクリーン
・プロジェクター
・マイク
・演台
・演壇
・ホワイトボード
2 カンファレンス
ホール(東)
半室使用 110 2人掛け 40
3人掛け 60
- 90
3 カンファレンス
ホール(A)
48 2人掛け 16
3人掛け 24
2人掛け 16
3人掛け 24
40 ・47インチ
   モニター
・ホワイトボード
4 カンファレンス
ホール(B)
29 2人掛け 8
3人掛け 12
2人掛け 8
3人掛け 12
20
施設紹介
安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター(略称:安藤百福センター)は、 インスタントラーメンの発明者である安藤百福の生誕百年を記念し、 公益財団法人 安藤スポーツ·食文化振興財団(理事長 安藤宏基)が 自然体験活動の普及と活性化を願って建設いたしました。
子どもたちの「創造力」、「自活力」を育むためには、 自然の中での体験活動が有効であると言われている一方で、 わが国においては子どもたちの活動を支援する指導者と、 その指導者を育てる“上級指導者”の数が著しく不足しています。 そこで当財団は安藤百福センターを設立して、 自然体験活動における体系的かつ総合的な“上級指導者”の養成事業に取り組みます。
施設概要
  • 設計    隈 研吾(東京大学大学院 教授)
  • 広さ    敷地面積 約37,200m(約11,250坪)
              建物延床面積 約 2,000m(約605坪)
  • 構造    鉄骨造、鉄筋コンクリート造
              地上2階、地下1階
  • 竣工    2010年(平成22年) 5月21日
  • 主な設備    宿泊室(定員44名) カンファレンスホール(最大200名) 会議室 食堂 他
ページのトップへ