ロングトレイルハイカー入門講座2021
NEW 
開催日:2021.07.10~02.06
ゼロから学べる講座
ロングトレイルハイカー入門講座2021
対象者
20歳以上
イベント
キャンセル待ち受付中

7/28 第3回(7月10日~11日開催)のレポートを掲載しました。
 ⇒ こちらからご覧下さい


■申込状況(4/7現在)
 全て満員となりました。キャンセル待ち受付中


 ⇒印刷用ちらし(PDF)
トレイルを歩いてみたいという初心者や、より一層のスキルアップを目指すハイカーのために、入門講座を開催します。
事前の計画、装備などの準備編から、天気や読図の技術、トラブル対処などの実践編まで、トレイル歩きの基本が学べる講座となっています。
第1回~第4回で座学とトレイルの両方を体験し、第5回のテント泊を目指してステップアップしていく構成で、第6回は雪のトレイル体験としてスノーシューハイキングを予定しています。
⇒ 2019年度のレポートはこちら

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況等によっては
中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 ⇒ コロナ禍におけるイベント催行等の基準(目安)

日程およびテーマ

第1回 5月15日(土)~16日(日) 歩き方と装備の基本を学ぼう(中止)

浅間・八ヶ岳パノラマトレイル「軽井沢コース(約13km)」
講師:杉本晴美 (登山・自然ガイド「山音(やまね)」主宰)

第2回 6月5日(土)~6日(日) 地図とコンパスを使いこなそう(中止)

センター周辺トレイルで調整中
講師:松浦慎  (マツウラ企画代表、日本山岳ガイド協会認定ガイド)

第3回 7月10日(土)~11日(日) 空を見て天気を判断しよう(終了)

池の平口~篭ノ登山~水ノ塔山~高峰山~車坂峠(約9km)
講師:猪熊隆之 (株式会社ヤマテン代表取締役、気象予報士)

第4回 9月4日(土)~5日(日) もしもの時の対応を身につけよう

センター周辺トレイルで調整中
講師:松尾雅子 (信州登山案内人、中央アルプス地区山岳救助隊員)

第5回 10月2日(土)~3日(日) テントに泊まって縦走しよう

1日目:車坂峠~池の平口~地蔵峠~湯の丸キャンプ場(約9km、テント泊)
2日目:湯の丸キャンプ場~烏帽子岳~湯ノ丸山~地蔵峠(約8km)
講師:堀江博幸 (浅間フィールドネットワーク代表、アウトドアプランナ

第6回 2月5日(土)~6日(日) スノーシューで雪のトレイルを歩こう

水ノ塔山、高峰山、車坂山
講師:杉山隆 (OctoberDeer代表、ネイチャーガイド)

基本情報(各回共通)
対 象: ロングトレイルに興味のある20歳以上
参加費: 7,000円(講習代、保険代込)(第5回、第6回のみ8,000円)
講習会場: 安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター(安藤百福センター)
フィールド: 浅間・八ヶ岳パノラマトレイル、他
定 員 16名(スノーシューは10名) 最少催行人数8名
主 催 安藤百福センター
後 援 小諸市、NPO法人日本ロングトレイル協会、NPO法人浅間山麓国際自然学校、一般財団法人全国山の日協議会(予定)

お問い合わせ・お申し込み

安藤百福センター ロングトレイルハイカー入門講座係(担当:横堀)
TEL:0267-24-0825  →メールフォームでのお申込はこちら
必要事項【希望回、氏名(ふりがな)、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス】

講師プロフィール

杉本 晴美(登山・自然ガイド「山音(やまね)」主宰)
神奈川県出身。学生時代に過ごした長野の風景に魅せられ長野県信濃町に移住。田舎暮らしをしながら安全に自然を楽しむ山歩きをモットーに登山・自然ガイド、スキーガイド、自然体験活動指導などを行う。地元の妙高戸隠連山国立公園や上信越国立公園の山々、北アルプス、八ヶ岳を中心に、山城跡や古道なども広く案内している。
松浦 慎(マツウラ企画代表、日本山岳ガイド協会認定ガイド)
茨城県出身。「マツウラ企画」にて年間を通して山のガイドを行う。八ヶ岳や奥秩父、北アルプスでの縦走登山をメインに、花を巡る山旅などを企画実施、地図読みやテント泊などの講習登山も行っている。2021年に東京から長野県塩尻に拠点を移し、塩尻の里山の魅力を見つけるため時間があれば近所の山を歩き回っている。
猪熊 隆之(株式会社ヤマテン代表取締役、気象予報士)
新潟県出身。1997年チョムカンリ(7,048m)登頂、2003年エベレスト南西壁左~西稜(7,650mまで)、剣岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。著書に『山の天気にだまされるな』、『山岳気象大全』(山と溪谷社)、『山岳気象予報士で恩返し』(三五館)。共著に『安全登山の基礎知識』(スキージャーナル)、『登山の科学』(洋泉社)などがある。
松尾 雅子(信州登山案内人、中央アルプス地区山岳救助隊員)
神奈川県出身。幼少期より外遊び、冒険、キャンプ、登山が大好き。百戦練磨のアウトドア経験&日本の屋根を闊歩。「それはカッコいいか、今楽しいか。全力で取り組んだか。練習は裏切らない」を自問自答。4人の子育てを経た肝っ玉母ちゃんガイドとして、コミュ力、安全管理能力に定評がある。ニックネームは「アルプスのはな」
堀江 博幸(アサマフィールドネットワーク代表、アウトドアプランナー)
千葉県出身。2002年、東京での銀行員の仕事に区切りをつけ、浅間山麓に移住。2006年、プロのネイチャーガイドとして〈アサマフィールドネットワーク〉を立ち上げ、浅間山麓の魅力を存分に散りばめたネイチャーツアーを開催。独自のアウトドア感覚で楽しめるツアーは首都圏を中心に口コミで人気が広がり、リピーターが絶えない。近年はアウトドアや農業を切り口にしたコミュニティ作りを進めている。
杉山 隆 (OctoberDeer代表、ネイチャーガイド)
埼玉県出身。国際自然環境アウトドア専門学校卒業後、長野県内の自然学校で事務局として働く。退職後フリーランスでガイドやファシリテーター、講師など自由気ままに務める。生き物が好きで特に哺乳類が好き。キノコ、山菜、ジビエなど森を食べるのも好き。クモ、ケムシ、フン、骨など、人があまり好きではないものが好きで、それらの魅力を伝えたいと思っている。






ページのトップへ