ページ上部へ
小諸Tree House Project
ツリーハウスプロジェクトfacebookファンページ
昆虫100種大図鑑「絶滅危惧種ビオトープ」プロジェクト
小諸Tree House Project
自然体験.com
安藤百福トレイル
日本ロングトレイル協議会

アーティスト達の競演 ツリーハウスの紹介

bird-apartment

CONCEPT

bird-apartment

豊かな自然を一人でも多くの人に楽しんでもらいたいのと同時に、ここに生息して いる動物たちにとっても価値のあるものにしたい、という思いから「人と鳥の距離が近づく」ようなツリーハウスをデザインすることにしました。
物理的にも心理的にも「距離が近づく」方法を試行錯誤した結果、小さなバードハウスが 78 個くっついてできた、一軒の大きなバードハウスになりました。
遠くから見るとひとつの小屋のように見えるものの、目を凝らすとたくさんの小さな小屋の存在に気付く、さながら「鳥の集合住宅」です。

bird-apartment

反対側にはバードハウスと同様に円形にくり抜かれた大きな入り口があり、そこか ら人が中に入って鳥の様子を裏から観察できるようになっています。
このとき、窓をどのようなものすれば鳥を驚かさないで観察できるのか散々頭を悩ませましたが、最終的には一般的な玄関の扉についている「ドアスコープ」を使う、という単純明快な解決策を見つけることができました。
鳥の様子を、しかもひとつではなく同時にたくさんを眺めるのは、これまでにない 体験であり、より一層、鳥たちの魅力を感じてもらえる場所になることと思います。 そんな「たくさんの鳥たち」と「1人の人間」がひとつ屋根の下で共に過ごすための小さなツリーハウスなのです。

bird-apartment
bird-apartment

デザイナー

デザイン オフィス nendo(代表:佐藤オオキ) 1977年 カナダ生まれ。
00年 早稲田大学理工学部建築学科主席卒業。
02年 同大学院修士課程修了、同時にデザインオフィスnendoを設立。
12年 Wallpaper 誌(英)および Elle Deco International Design Awardにて
Designer of the yearを受賞。
作品はMoMA(米)、ポンピドゥーセンター(仏)、ビクトリアアルバート博物館(英)などの
世界の主要美術館に収蔵されている。
www.nendo.jp

佐藤 オオキ
ツリーハウスの紹介 トップへ