昆虫100種大図鑑「絶滅危惧種ビオトープ」プロジェクト 昆虫100種大図鑑 写真投稿の受付は終了いたしました。

No.048 キマワリ(3)

特徴
【ゴミムシダマシ科】
ゴミムシダマシ類の中では比較的大な甲虫で、目につきやすい普通種。雑木林の樹木の幹や倒木や枯れ木などに集まり、名前のごとく早足で歩き回っていることが多い。幼虫は朽ち木の中で育つ。
日中、樹皮の上に活発に歩き回る。オスの体系は細長く、メスはやや幅広い。
生息環境
平地~山
分布
北海道、本州、四国、九州
絶滅危惧の要因
戻る