昆虫100種大図鑑「絶滅危惧種ビオトープ」プロジェクト 昆虫の写真を撮って、送って、「昆虫100種大図鑑」づくりに参加しませんか?

No.008 クロツバメシジミ

留意種(N)
特徴
小型。表は一様に黒褐色で、通常、後翅の亜外縁に弦月型の青白斑列がある。裏の地色は淡黄褐色または灰白色で数本の黒点列が並び、後翅の肛角部付近に赤斑が現れる。短い尾状突起がある。ツバメシジミと似ているが裏の地色が褐色を帯びることで識別できる。
生息環境
河川、露岩地
分布
中四国地方
絶滅危惧の要因
岩場の擁壁工事や護岸工事などによる生息地の消滅で、絶滅した産地が少なくない。
戻る