昆虫100種大図鑑「絶滅危惧種ビオトープ」プロジェクト 昆虫100種大図鑑 写真投稿の受付は終了いたしました。

No.004 オオムラサキ(6)

留意種(N)
特徴
大型。表は黒褐色でオスは基半部が青紫色に輝く。中央部に白斑が目立ち、亜外縁と外中央部に黄白色の斑列が並ぶ。裏は淡黄色~銀白色だが、その比率は地域で異なり、北方では黄色が主となる。関東では黄色が多いが、九州ではほぼ銀白色。表裏とも後翅の肛角部に通常赤斑がある。
生息環境
森林、河川
分布
全国(沖縄以外)
絶滅危惧の要因
開発や植林などによって樹林の面積は狭くなり、減少傾向にある。
戻る